車を安く買うことを考えるならマイカーローンの金利に注目
サイトマップ

ディーラーのメリット

ディーラーローンは金利手数料が高く、銀行系マイカーローンと比べると支払総額が高くなってしまいます。ただし、金利が高いディーラーローンにもメリットはあります。総じていえば簡単という点は、ディーラーローンの大きなポイントとなります。

 

ディーラーローンは販売店で斡旋しているので、同一か所でローン申込みもそのまま行えます。審査時間も短く、手続きから融資まではスムーズです。お金のやり取りもディーラーにお任せなので、とにかく簡単というイメージがあります。

 

また、ディーラーローンは金利が高い分、審査は通りやすいと言われています。これはディーラーローンのデメリットとも見られる部分ではありますが、ディーラーローンの場合、購入する車は担保となるので、ローン支払い完了まで所有権が自分にありません。言ってみれば購入する車を担保として扱えるので、担保がある分審査が安定します。

 

金利が高いと言われているディーラーローンですが、審査が通れば販売店にマージンが入ります。その為販売店は販売員にディーラーローンの斡旋を強く勧めるのは想像できます。現金一括と比べて、浮いたマージンを通して本体価格の値下げなど、様々な融通が利く場合があります。

 

銀行で借りられるマイカーローンが利用できるなら、多くの場合でもを見ると銀行が優れているとされているため、そのほうが良いのは言うまでもありません。ただ、ディーラーで借りるローンにおいても良い部分はあるので、審査の基準なども含めて総合的に判断し、借りるローンを決めると良いでしょう。